H邸(隠居)解体工事

解体工事を行なうに際し、当初予定していた乗入れ口が、建築確認の関係で急遽変更となり、道路側の土留めブロック(h=2000 L=3400)の取り壊しと敷地内の土砂(H=1500)の撤去を行い、そこから重機はもちろん工事車輌の乗り入れ口を作りました。

道路に対して直角に造ることができず、3tダンプでの搬入となりました。

日高邸乗り入れ部.jpg

サブちゃん2


新着 解体現場レポート


>>実績一覧を見る